【AVチャンネル利用規約】

AVチャンネルをご利用頂く前に必ずお読みの上、同意された方のみ会員資格を得ることができます


第1章 総則

第1条(規約の適用対象)

  • AVチャンネル利用規約(以下「本規約」という)は、AVチャンネルインタ−ネット事務局(以下「AVチャンネル事務局」という)が企画運営者として提供または配信するコンテンツ(以下「AVチャンネル」という)を利用する場合についての、一切の関係に適用されます。
  • 全てのユーザーはAVチャンネルを利用した時点で、また会員は会員登録をおこなった時点で、本規約に同意したものとみなされます。全てのユーザーまた会員は、AVチャンネルを利用するにあたり、本規約を誠実に遵守するものとします。
  • AVチャンネル事務局は、本規約の条件に従って、かつその限度内において、ユーザーに対してAVチャンネルを提供します。

第2条(本規約の範囲と変更)

  • AVチャンネル事務局が行う、AVチャンネルサイト上における表示、ユーザーに対する通知、その他の方法により規定する個別規定、追加規定その他の通知事項は、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。
  • 本規約の定めと前項の個別規定、追加規定その他の通知事項の定めが異なる場合は、当該個別規定、追加規定その他の通知事項の定めが優先して適用されるものとします。
  • AVチャンネル事務局は、ユーザーの了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合には、AVチャンネルないし関連サービスの利用条件は、変更後の利用規約によります。
  • 変更後の利用規約については、AVチャンネル事務局が別途定める場合を除いて、AVチャンネルサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第3条(用語の定義)

  • 本規約において使用する用語の意味は次のとおりとします。
    • 【コンテンツ】AVチャンネル事務局のサーバー及びAVチャンネル事務局の指定するサーバー及びその他の記録媒体に蓄積され、また、これらAVチャンネル事務局のサーバー等を通じて送受信される、ソフトウェア、文書、音楽、映像、画像その他の電磁的記録。
    • 【会員】本規約に同意の上、AVチャンネル事務局所定の会員登録を行い、AVチャンネル事務局の審査により承認された全ての個人または法人。
    • 【ユーザー】会員を含む、AVチャンネルを利用しようとする全ての個人または法人。
    • 【サーバー】コンテンツを蓄積、転送または送受信等をするための装置。
    • 【ユーザーID】ユーザーが会員になるために会員登録をする際に、その会員が自らを識別するために設定される数字または文字の組み合わせによるもの。
    • 【パスワード】ユーザーIDとの組み合わせにより、そのユーザーが特定の会員であることを識別するために設定される数字または文字の組み合わせ。

第4条(通知)

  • AVチャンネル事務局は、本規約に別段の定めのある場合を除き、会員が会員登録申込に際してAVチャンネルに登録した、電子メールアドレスまたはその他の連絡先宛に、電子メールまたはその他の通信手段によって通知を行うものとします。
  • 前項の通知が電子メールで行われる場合、電子メールアドレス宛に電子メールを発信したことをもって、会員への通知は完了したものとみなされます。会員は、AVチャンネル事務局の発信する電子メールを遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。
  • 前項の通知は、AVチャンネル事務局が当該通知の内容をAVチャンネルサイト上に表示した時点より効力を発するものとします。
  • 第1項の場合を除いて、AVチャンネル事務局は、AVチャンネルサイト上の表示、その他AVチャンネル事務局が適当と判断する方法により、ユーザーに対し随時必要な事項を通知します。

第2章 会員

第5条(会員)

会員になろうとする者は、本規約に同意の上、AVチャンネルサイト上にある所定の方法により、会員登録の申込を行うものとします。

第6条(申込の承認)

  • AVチャンネル事務局は、AVチャンネルサイト上に定める方法にて会員登録の申込を受け付け、必要な審査、手続等を経た後に入会を承認します。
  • AVチャンネル事務局は、審査の結果、会員登録の申込者が以下のいずれかに該当する場合、その者の入会を承認しないことがあります。
    • 会員登録の申込者が満18歳未満の場合。
    • 会員登録の申込者が実在しない場合。
    • 会員登録の申込者が過去に本規約の違反を犯したことがある場合。
    • 会員登録の申込内容に虚偽の記載、誤記、または記入漏れがある場合。
    • 会員登録の申込者が過去にAVチャンネルの利用料金等の支払債務の履行を遅滞し、または支払を拒絶したことがある場合。
    • 会員登録の申込者が申込の際に決済手段として届け出たクレジットカードがクレジットカード会社により無効扱いとされている場合、またはAVチャンネル事務局の指定する立替代行業者等が当該登録申込者との立替払規約の締結を拒否した場合。
    • 会員登録の申込者が、過去に会員資格の停止又は除名を受けたことかある場合。
    • 会員登録の申込者が、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生、会社整理、特別清算、会社更正の申し立てがなされた場合。
    • 第22条に定める会員資格の停止事由のいずれかに該当する場合。
    • その他、AVチャンネル事務局の業務遂行上または技術上支障があるなど、会員とすることを不適切と判断した場合。
    • 前各号の他、AVチャンネル事務局が会員として不適当と判断した場合。

第7条(譲渡禁止)

会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡したり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできません。

第8条(ユーザーIDおよびパスワードの管理責任)

  • 会員は、AVチャンネル事務局がAVチャンネルサイト上に定める方法に従ってユーザーIDおよびパスワードを設定または変更し、注意を以って使用および管理して下さい。
  • 会員は、自己のユーザーIDおよびこれに対応するパスワードならびに、個人認証を条件としてAVチャンネルを利用する権利を、第三者と共有、あるいは第三者に譲渡、貸与、質入、その他使用許諾しないとともに、自己のユーザーIDおよびこれに対応するパスワードの使用と管理について一切の責任を持つものとします。
  • AVチャンネル事務局は、AVチャンネル事務局の故意又は過失による場合を除いて、会員のユーザーIDおよびこれに対応するパスワードが第三者に使用されたことによって当該会員が被る損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。
  • 会員は、ユーザーIDおよびこれに対応するパスワードが漏洩し、盗まれ、又は第三者に使用されまたはその虞があるときは、直ちに、その旨をAVチャンネル事務局に通知するものとし、AVチャンネル事務局の指示に従うものとしてます。
  • 自己のユーザーIDおよびこれに対応するパスワードによりなされたAVチャンネルの利用は当該会員によりなされたものとみなし、当該会員は有料サービスの料金を負担するほか、第14条に従って利用の結果に対して一切の責任を負担するものとします。

第9条(変更の届出)

  • 会員は、電子メールアドレス、住所、その他会員登録申込時の内容を変更する場合には、事前に、AVチャンネル事務局がAVチャンネルサイト上に定める方法により変更の届出を行うものとします。
  • 会員が前項に基づく届出を怠ったことで不利益を被った場合であっても、AVチャンネル事務局は、その責めを一切負いません。 また、これによりAVチャンネル事務局またはコンテンツ提供者に損害を生じさせた場合、会員は、その賠償責任を負担するものとします。

第10条(退会)

  • 会員からの届出の無い限り、会員有効期限は無期限とし、自動継続されるものとします。
  • 会員がAVチャンネルを退会する場合は、AVチャンネル事務局がAVチャンネルサイト上に定める方法により届出を行うものとします。
  • AVチャンネル事務局は、理由の如何を問わず、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
  • 会員資格は、一身専属的なものとします。会員が死亡又は解散した場合、AVチャンネル事務局は当該会員の死亡又は解散を知り得た時点を以って、第2項の届出があったものとして取り扱います。
  • 本条による退会の場合、退会の時点において発生している有料サービス利用料その他の債務の履行は第4章に基づきなされるものとします。

第3章 サービスの利用

第11条(利用方法)

  • ユーザーは、AVチャンネル事務局がAVチャンネルサイト上に定める方法に従ってAVチャンネルを利用するものとします。
  • AVチャンネル事務局は、ユーザーの承諾なく、AVチャンネルの利用方法を変更することがあります。この場合、ユーザーは、変更後の方法に従ってAVチャンネルを利用するものとします。

第12条(設備等)

ユーザーはAVチャンネルを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器および電機通信サービスを、自己の費用と責任において準備するものとし、AVチャンネルが利用可能な状態に置くものとします。

第13条(利用上の制限)

会員は、AVチャンネルの会員登録申込の経路、手段及び利用する電気通信事業者によっては、技術的にAVチャンネルを利用できない等の制約を受ける場合があることを了承します。

第14条(自己責任の原則)

  • ユーザーは、自らの責任でAVチャンネルを利用するものとし、その行為および結果について、全責任を負うものとします。
  • ユーザーは、AVチャンネルの利用に伴い、第三者から問合せ、クレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  • ユーザーは、本規約に違反し、若しくはAVチャンネルの利用に伴う故意または過失により、AVチャンネル事務局または第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
  • AVチャンネル事務局は、AVチャンネルの提供にあたり、ユーザーの行為を監視し、またはユーザーの不正な行為に対して何らかの措置を講ずべき義務を負うものではありません。
  • AVチャンネルからリンクを張っている、または本サイトへリンクを張っている第三者のウェブサイトの内容は、それぞれ各ウェブサイトの責任で管理されるものであり、AVチャンネル事務局およびAVチャンネルは一切の責任を負いません。

第15条(禁止行為)

  • 会員は、AVチャンネルないし関連サービスを利用するにあたり、次の各号で定める行為を自ら行い、または第三者に行わせてはなりません。会員がこれらの禁止行為を行った場合、即時に当該会員のAVチャンネルの使用を禁止、制限、ユーザーIDの削除、リンクの削除、退会をしていただく場合がありますが、その場合においても会員は、AVチャンネル事務局に対し何ら不服を唱えないものとします。
    • 商業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用をおこなう行為。
    • AVチャンネルないし関連サービスを通じて入手した文章、映像、画像、その他の物品やデータ等(以下、併せて「データ等」といいます。)を、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、複製、出版、公表、譲渡、公衆送信、改変その他の態様で利用する行為。
    • AVチャンネル事務局または第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    • AVチャンネル事務局または第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    • AVチャンネル事務局または第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または名誉もしくは信用を毀損する行為。
    • 第三者になりすましてAVチャンネルないし関連サービスを利用する行為。
    • AVチャンネルの提供に支障を生じ、またはその虞がある行為。
    • 前各号で定める他、法令、本規約もしくは公序良俗に違反し、またはその虞がある行為。
    • 前各号のいずれかに該当し、またはその虞があるものにリンクを張る行為。
    • その他、AVチャンネル事務局が不適切と判断した行為。また、AVチャンネルサイト上で指定する行為。
    • 本サイトの情報を改ざん・消去する行為、又は事実に反する情報を送信・掲示する行為。
    • コンピュータウイルスなど有害なプログラムを使用若しくは提供する行為、又は推奨する行為。
    • わいせつ又は児童虐待にあたる画像、文書などを送信・掲載する行為。
    • 詐欺などの犯罪に結びつく行為。
    • 他の利用者又は第三者、若しくはAVチャンネルに対して無断で広告・宣伝・勧誘などの電子メールを送信する行為、又は受信者が嫌悪感を抱く電子メールを送信する行為、他者のメール受信を妨害する行為、連鎖的なメール転送を依頼する行為及び当該依頼に応じて転送する行為。
    • 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はそれを勧誘する行為。
    • 選挙運動又はこれに類似する行為、公職選挙法に違反する行為。
    • 本サイトに接続している他のコンピュータ・システム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為。

第4章 利用料金

第16条(利用料金等)

  • AVチャンネルないし関連サービスの利用料、算定方法等は、本規約の他、AVチャンネル事務局がAVチャンネルサイト上にて表示する料金規定に従うものとします。
  • 会員は、利用料金などにかかわる消費税及びその他、賦課される税を負担するものとします。また、振り込み手数料その他の費用は、全て会員の負担とします。

第17条(料金支払い等)

  • 会員は利用料その他の債務を会員ごとにAVチャンネル事務局が承認した以下のいずれかの方法で履行するものとします。
    • 【クレジットカードによる支払】AVチャンネル事務局が承認したクレジットカード会社の発行するクレジットカードにより、クレジットカード会社の規約にもとづき支払う方法。
    • 【プロバイダーの提供する課金サービス等による支払】AVチャンネル事務局が承認したプロバイダーの提供する課金サービス等により、プロバイダーの規約にもとづき支払う方法。
    • 【立替代行業者による支払】AVチャンネル事務局の指定する立替代行業者と立替払規約を締結することにより支払う方法
    • 【その他AVチャンネル事務局が定める方法による支払】
  • 会員と当該クレジットカード会社、プロバイダー、立替代行業者等の間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、AVチャンネル事務局は一切の責任を負わないものとします。

第18条(決済)

  • AVチャンネル事務局はAVチャンネルサイト上に定める方法をもって当該月に各ユーザーIDについて発生した利用料その他の債務の額を締めこれを集計します。
  • AVチャンネル事務局は前項に基づき算出された金額およびこれにかかる消費税相当額等を、各会員の決済手段に従ってカード会社またはプロバイダー、立替代行業者等にそれぞれ請求するものとします。
  • 会員は各自の決済方法により、クレジットカード会社、プロバイダー、立替代行業者等が別途定める支払条件に従い、支払を行うものとします。
  • 会員と当該クレジットカード会社、プロバイダー、立替代行業者等の間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、AVチャンネル事務局は一切の責任を負わないものとします。

第5章 運営

第19条(データ等の削除)

  • AVチャンネル事務局は、以下の場合には、ユーザーに事前に通知することなく、当該ユーザーのデータ等を削除し、またはデータ等を第三者に見えない状態に置くことがあります。
    • 会員以外のユーザーが、AVチャンネルを利用してデータ等を発信し、またはサーバーにデータ等を蓄積していることを発見した場合。
    • 会員が本規約に違反しているとAVチャンネル事務局が判断した場合。
    • 会員がサーバーに蓄積したデータ等が、AVチャンネル事務局がAVチャンネルサイト上に定める所定の期間を超えた場合。
  • AVチャンネル事務局は、AVチャンネルの運営および保守管理上やむを得ない場合、ユーザーがサーバーに蓄積したデータ等を削除することがあります。この場合、AVチャンネル事務局はあらかじめそのことを会員に通知しますが、緊急やむを得ない場合にはこの限りではありません。

第20条(AVチャンネルの一時停止)

  • AVチャンネル事務局は、次の各号のいずれかの事由が生じた場合は、 AVチャンネルの提供を一時停止することがあります。
    • サーバーまたはその他の設備について保守を実施し、または障害が発生した場合。
    • 火災、停電、地震、噴火、洪水、津波、戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議またはその他の不可抗力によりAVチャンネルの提供ができなくなった場合。
    • その他、運用上または技術上の理由からAVチャンネルの提供を一時停止する必要があるとAVチャンネル事務局が判断した場合。
  • AVチャンネル事務局は、前項に基づきAVチャンネルの提供を停止する場合は、事前にその旨をユーザーに通知します。ただし、緊急やむをえない場合は、この限りではありません。

第21条(AVチャンネルの内容変更・提供の中止)

  • AVチャンネル事務局は、ユーザーへの事前の通知なくしてAVチャンネルないし関連サービスの内容、名称その他の提供条件を変更することがあります。
  • AVチャンネル事務局は、会員に対する事前通知の上で、特定のコンテンツの提供またはAVチャンネルないし関連サービスの全部を中止することがあります。

第22条(会員資格の停止)

  • AVチャンネル事務局は、会員が次のいずれかに該当すると判断する場合は、当該会員に事前に通知または催告することなく、ユーザーIDの使用を一時停止とし、または除名処分とすることができるものとします。
    • 第6条第2項各号のいずれかに該当することが判明した場合、又は入会後にそれらの状態に陥った場合。
    • 本規約に違反した場合。
    • AVチャンネルないし関連サービスの利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合。
    • クレジットカード会社、プロバイダー、立替代行業者等により会員の指定したクレジットカードや支払口座の利用が停止させられた場合。
    • AVチャンネルないし関連サービスの運営を妨害し、その他AVチャンネル事務局が会員として不適当と判断した場合。
    • 会員宛てに発送した郵便物がAVチャンネル事務局に返送され、その他電話、FAX、電子メール等による連絡がとれなくなった場合。
  • 前項により除名処分とされた会員は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料その他の債務等AVチャンネル事務局に対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。 また、AVチャンネル事務局は、除名会員が既に支払った料金の払い戻しは、一切行いません。
  • 会員がユーザーIDを複数個保有している場合において、当該ユーザーIDのいずれかが第1項により、使用の一時停止または除名処分の対象となった時は、AVチャンネル事務局は、当該会員が保有する他のすべてのユーザーIDの使用を一時停止、または除名処分とすることができるものとします。
  • 第1項各号に該当する会員の行為によってAVチャンネル事務局が損害を受けた場合は、ユーザーIDの使用停止または除名処分の如何にかかわらず、AVチャンネル事務局は、会員に対し、かかる損害の賠償を請求できるものとします。

第23条(免責)

  • AVチャンネル事務局は、本規約に従ったデータ等の削除、AVチャンネルないし関連サービス等の提供の中断または中止、サービス内容の変更、会員による利用の停止ないし除名により発生した会員の損害およびAVチャンネル事務局の責めに帰すべからざる事由により第三者との間で生じたトラブルに起因してユーザーが被った損害に対して、いかなる責めも負いません。
  • 前項の場合を除いて、AVチャンネル事務局は、AVチャンネル事務局による本規約上の義務違反ないし不法行為によって会員が損害を蒙った場合、AVチャンネル事務局が、損害の原因となった特定のコンテンツないし関連サービスの提供について損害発生前3ヶ月間に受領した利用料金の金額を限度として、会員の実損害額を賠償します。ただし、AVチャンネル事務局の故意または重過失によって上記損害が生じた場合はこの限りではありません。

第6章 他ネットの利用

第24条(他ネット利用)

  • 会員は、AVチャンネルを経由して、AVチャンネル事務局以外の第三者のコンピュータやネットワーク(以下「他ネット」といいます。)を利用する場合において、そのWebマスター等の管理者から当該他ネットの利用に係る注意事項が表示されているときは、これを遵守し、その指示に従うものとします。
  • AVチャンネル事務局は、AVチャンネル経由による他ネットの利用に関しいかなる責任をも負いません。
  • AVチャンネル経由による他ネットの利用においても、第14条(自己責任の原則)が適用されるものとします。

第7章 個人情報・通信の秘密

第25条(個人情報)

  • AVチャンネル事務局は、会員の個人情報(以下「個人情報」といいます。)を、AVチャンネルサイト上に定める「個人情報の取り扱いについて」に基づき、適切に取り扱うものとします。
  • AVチャンネル事務局は、個人情報を、AVチャンネルの提供以外の目的のために利用しないとともに、個人識別が可能な状態で第三者に開示、提供しないものとします。但し、以下の場合はこの限りではありません。
    • 法令により開示が求められる場合。
    • 会員から個人情報の利用に関する同意を得るための電子メールを送付する場合。
    • 会員の同意を得た場合。
  • 刑事訴訟法第218条に基づく強制の処分が行われた場合には、AVチャンネル事務局は、その処分の定める範囲で前項の義務を負わないものとします。
  • 会員は、自らの個人情報を、AVチャンネルを利用して公開するときは、第14条(自己責任の原則)、第23条(免責)が適用されることを承諾します。
  • 前述にかかわらず、AVチャンネル事務局は、会員の個人情報の属性の集計、分析を行い、会員が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます。)を作成し、AVチャンネルの開発等の業務の遂行のために利用、処理することがあります。また、AVチャンネル事務局は、統計資料を業務提携先等に提供することがあります。

第26条(通信の秘密)

  • AVチャンネル事務局は、電気通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守るものとします。
  • 刑事訴訟法第218条の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、AVチャンネル事務局は、当該処分の定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
  • AVチャンネル事務局は、会員のAVチャンネル利用記録の集計、分析を行い、統計資料を作成し、新規AVチャンネルサービスの開発等の業務の遂行のために利用、処理することがあります。また、AVチャンネル事務局は、統計資料を業務提携先等に提供することがあります。

第8章 その他

第27条(専属的合意管轄裁判所)

AVチャンネル事務局と会員との間で生じた争いについては、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

第28条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本国法とします。

附則

本規約は2007年9月1日から実施します。本規約は、AVチャンネル事務局のAVチャンネル会員規約を承継、改定したものであり、AVチャンネル事務局のAVチャンネル会員規約にて同意したユーザーは、本規約に同意したものとします。

  • 2009年05月20日 … 改訂
  • 2007年09月01日 … 改訂
  • 2006年02月16日 … 施行

AVC Playerのお知らせ

【重要】ダウンロード再生にはAVC Playerが必要です

ダウンロード動画をお楽しみいただくには、 Microsoft Silverlight および のインストールが必要です。

Silverlightのインストール

詳細につきましては、以下のページをご確認ください

AVC Playerをインストールしてから再生するまで
※AVC Playerはダウンロード動画再生専用プレーヤーです。

閉じる